耐酸性の得られるフロアコーティング

バナー

耐酸性の得られるフロアコーティング

キッチンは調理をする場であると同時に、洗剤などの薬品を使用する頻度が高い場所でもあるため、フロアコーティングにも複数のポイントがあります。


キッチンの床で重要なのは防水性です。

防水性を得られるフロアコーティングを施工することで、フローリングの床板が長持ちするようになります。

油汚れも発生しやすいので撥水性も備わっていると、簡単に拭き取れるようになります。

Yahoo!知恵袋に関して最新情報を教えます。

防水性と撥水性が備わっていれば、基本的に申し分ありませんが、防水と撥水だけではフローリングを完全に保護しきれない場合が出てきます。

化学薬品系の洗剤を使用したり、アルコール洗浄など、清掃方法によってもフローリングの塗膜にダメージが与えられてしまうことがあるからです。

皿洗いなどで洗剤成分の混じった水道水が跳ねることも多いので、防水性能だけでなく酸性に対する耐久性も備わっていると理想的です。

耐酸性のフロアコーティングは、酸性の度合いの高い洗剤が跳ねても保護膜が溶けてしまわないので、フローリングの保護効果を維持しやすくなるメリットがあります。

耐酸性が備わっていないと、洗剤やアルコールがフローリングに跳ねたり、こぼれたりしたときに、円形に塗膜が剥がれて白くなってしまいやすいです。

特別な埼玉のフロアコーティング情報を参考にしましょう。

耐酸性の得られるフロアコーティングが施工されていると、安心して洗剤等を使用することができます。

洗剤を使用して衛生的に維持していても、フロアコーティングの保護膜が溶けてしまうと、床板へのダメージに繋がります。
耐酸性にも注目することで、耐久性の高い環境と、安心して清掃できる環境に整います。